旧和田岬灯台(赤灯台)

1963年に兵庫区和田岬から移設されました。

旧和田岬灯台は東西に広がる須磨海岸のおよそ真ん中ぐらいにある赤色の灯台でシーパル須磨(国民宿舎)の海岸側に隣接しています。

もとは和田岬(兵庫区)にあったものですが、1963(昭和38)年に廃灯になったあと、永久保存するため、翌年、現在の須磨海浜公園のこの場所に移設され、通称“赤灯台”と呼ばれています。

1884(明治17)年に、それまでの木造灯台を鉄骨に改築したもので明治期の鉄骨灯台としては、現存する最古の灯台です。

シーパル須磨に隣接しています(海側)

国道2号線からは「天神橋東詰」の信号を海側に向かうと須磨海岸へ入場するゲートがあります。このゲートの横にこの旧和田岬灯台はあります。

バイクや自転車ならちょっと横に止めて見ることは可能です。

※ウィキペディア:和田岬灯台